お客様本位の葬儀とは

お客様本位の葬儀とは

お客様本位の葬儀のあり方について、弊社では常に葬祭業者としての本質の部分として向き合ってきました。
私たちの考えを簡略ではございますがお伝えさせてください。

“お客様本位の葬儀”とは“お客様が安心して満足できる葬儀”と考えています。そして“お客様が納得する葬儀”“自分らしい意思決定ができる”ことと“満足できる選択肢がある”から成立すると考えております。

さらに“自分らしい意思決定ができる”には

1“必要な情報がある”

最近ではインターネット、書籍、TVなどを通じて比較的誰にでも簡単に最新のお葬式情報を手に入れることが出来ます。弊社では、お客様一人々の異なる状況やご要望について、一般的に公開されている情報と、これまでの実体験からなる具体的で最新の情報とを折り合わせて情報の提供を行っております。
近年では、地元地域を対象に、お客様との質疑応答を主体とした”座談会形式”としての相談会を通じながら、最新の葬儀情報の提供に力を注いでおります。

2“自身の状況を整理できる”

まずお客様にはご自身とご対象者との現在の状況を理解し受け止めることが重要と考えております。
葬儀に対する希望や要望が困難であればある程、ご対象者を含めたご自身と葬儀社との信頼関係が必要です。
この上で葬儀社は要望を汲みいれた取りうる選択肢をお客様に正確に伝える必要がございます。

3“家族(身近な人)と適切なコミュニケーションができる”必要があります。

一般的にどのような方でも大切な人の死に直面してしまうと冷静な判断が出来なくなっている事が多く、このような時は、冷静に現在の状態を把握し、整理してくれる誰か、親族や友人、そして信頼して事前に相談する事ができる葬儀社の存在も重要となります。
万一のための、心つもりとしてのコミュニケーションは、突然の場面においては何よりも心強く、安心と納得を得られる第一歩と考えます。

“満足できる選択肢がある”ためには

4“お客様本位のサービスが提供される”

葬祭業はサービス業であると考えると、大切なのは物や技術よりもむしろ「人の心」です。
ここに働きかけるのは利用者の声です。どんなに葬儀社が葬儀のありかたを考えても、利用者の声のないところではどうしても自己の都合にとらわれてしまいます。利用者の声=お客様視点を知ることこそ、真にお客様の葬儀を考えるときに必要とされ、お客様本位のサービスを提供できる事と考えています。

5“最適・最良の葬儀プランが提供される”必要があります。

以上のように弊社では考えております
この5つの要素が全て満たされているとき、お客様は納得し、“お客様本位の葬儀”が提供できていると言えるのではないでしょうか。

お客様への約束と弊社の”サンない”

お客様との約束

1“私たちはお客様との約束を必ず守ります”

2“私たちは心からのサービスを約束します”

3“私たちはお客様の期待に応える事を約束します”

suru
弊社の”サンない”

1式典経費の徹底削減 “自社の会館を所有しない”
会館ホールの維持経費を葬儀費用に反映させません。

2品質管理と責任施行を徹底 “外注の式典施行と、下請け施行をしない”
弊社の式典担当者はすべて自社社員です。

3儀式の本質を重要視 “過剰なイベント要素のサービスはしない”
お仕着せな演出は致しません。葬儀式の本質を最も大切にしています。

muda

葬儀についてのご相談・ご依頼

「良質」で「本当の低価格」なお葬式をご提案します。
  • 対面でご相談
  • 電話でご相談
  • メールでご相談
心からのお手伝いをお約束いたします。相談実績4500件以上の専門相談員が対応致します。0120-4812-24