弊社の葬儀費用と互助会比較

弊社の葬儀費用と互助会比較

もありますが、弊社の考え方では、より現実的にお客様一人々のご事情を汲み入れた具体的な費用のご案内を優先する事を重要視しております。
担当スタッフはお客様のご相談内容に応じて、弊社独自のムダを省いた葬儀費用の分類についてお客様へお話するようにしております。

弊社の葬儀費用の考え方
①葬儀一式費用※基本葬儀プラン
(弊社より直接ご請求させていただく費用)
祭壇・お棺・ドライアイス・納棺装具一式・遺影写真
お骨壷・車両費用(寝台車・霊柩車)・式典運営人件費・式場設営費
事務手続代行費用・事務消耗品費用・ご供花費用・お礼状費用
返礼品費用・通夜料理・告別式料理・配膳接待費用・後飾り祭壇
お位牌

②実費立替費用
式場使用料・火葬場費用 

法要費用(読経・戒名など)
(仏教式の場合のお布施など法要の費用)

hiyou-maru

上記の①②③を全て合計したものを「葬儀費用」と考えています。
この分類のポイントは、※葬儀一式費用に式場使用料と火葬場費用を含めず、実費費用として別に分けて考えているところです。

実費費用として分ける事は、式場使用料をご参列者の人数やご予算に合わせてご提案する事で、参列人数に対して式場が広すぎたり余計な装飾設備まで利用料に含まれる高額な式場使用料をムダに支払わないようにする為、また 都道府県事に異なる公営式場の利用料金の差額がある事からも、葬儀一式費用とは別に式場より直接請求を受ける実費の費用のみをご請求させていただく考え方を採用しています。 

この他にも火葬場にて必要とされる火葬炉使用料、ご火葬中に遺族の方々にお休みしていただく休憩室の使用料につきましても都道府県ごとに大きく異なるため、予め基本葬儀プランへ式場使用料と火葬場費用を含めてしまいますと、実際に必要になった料金よりも高額に費用を支払うことになるお客様が発生してしまうということを無くすためなのです。 

 実際に事前のお見積をさせていただく場合と同じように、お客様一人々に合った項目内容で、より具体的な葬儀費用の知識を持っていただく事を優先にした考え方なのです。
この他に葬儀会社には特徴があり、実際に同じ規模の葬儀を見積した場合に費用にも差が多く現れます。

葬儀業者には大まかに分けると、大規模な自社ホールを所有し、互助会制度の料金体系を持つ互助会葬儀社(比較的高額で華美な装飾が特徴・一般的に交通の便の良い自社ホールを持ち、ホール利用を優先した積立金型料金プラン)と、地域密着型の経営を中心に自社独自の料金プランを持つ一般葬儀社(自社ホールを所有する葬儀社と、自社ホールを持たない葬儀社がある・独自の料金体系で各社事に費用の差から品質の差も大きい)に分けられます。 

ここで重要なのは、自分の考えるお葬式と、総額費用が予算に合った内容で提案できる葬儀社はどちらなのか?と言う事なのです。
事前に互助会に入会して積立金を持つ方は、加入する互助会葬儀社へのご相談を優先されるでしょう。また、互助会葬儀社の持つ自社ホールで葬儀を考えたい場合にも同様に互助会葬儀社へご相談をされるでしょう。 

今なぜここで互助会の葬儀についてお話しをさせていただいているかと言うのには理由がございます。
弊社は、先にご説明致しました葬儀業者の分類では、後者の一般葬儀社に含まれます。
互助会葬儀社との大きな違いは、互助会システムの制度を持たない事、積立金制度を持たない事です。
この他、弊社独自の特徴として、ご予算や規模に併せて検討する事ができる基本パッケージプランのご用意と、100%事前見積書の発行から、他社葬儀社に見られる外注施行を一切排除した100%完全自社施行の運営を徹底している事です。
お客様のご相談には、専門の相談員による24時間の専用窓口を設けることにより、急なご心配のご対応から、事前でのご質問についてのアドバイスまで、お客様の立場を最優先に有益な情報の提供を積極的に実施しております。

 互助会制度にはメリットもありますが、近年多くの方々がそのメリットに疑問を感じ、積立金の有効性について不安感を持ったとのご相談が後を絶ちません。

理由はご自身の加入している互助会会員の約款を理解できていなく、加入時に別の営業専門の担当者より割引や特典を中心に営業されてしまった事による思い違いと、実際のお葬式の時には、別の部署となる施行専門の担当者へ改めて相談をする事になり、互助会制度の理解の違いによるストレスが大半を占めいます。

代表的な事は、「積立金があれば葬儀費用は心配ない」「費用は積立金でまかなえる」と言う誤った知識がこれに当たります。
ここで良く知っていただきたい事は、互助会の積立金だけではお葬式はできないと言う事です。
積立金の扱いは、全体の葬儀費用の一部だけの費用であり、大まかに祭壇の費用・お棺の費用として充当されるのです。
その他に必要となる飲食接待費や、車両費用・火葬場費用など実費部分についても別料金となり、実際に加入者が見積書を見て内容に驚かれた声も多く耳にします。

弊社コールセンターでは、互助会会員の多くの方々に時間的な余裕がある場合、事前見積を互助会葬儀社と弊社と比較検討していただく事をおすすめしています。
また、現在 互助会会員の方で、お時間に余裕の無い方へは、弊社より改めて互助会についての詳しいご説明と、葬儀費用についてのアドバイス、また お客様のご要望により互助会の退会についてのご説明を行っております。

弊社では、自社都合によるメリットばかりをお話するのではなく、ご相談者の方の求められるお葬式の考え方を優先した中で、比較検討のできる選択肢を持っていただく事を重要視しています。
お葬式の費用については、信頼できる葬儀社へ事前相談をできるだけする、そして事前に見積書を必ず受け取る、最後に担当者へ実際に直接会って納得のできるまで質問・相談をする事を弊社では強くおすすめしています。
24時間いつでもお気兼ねなく、大切なお葬式についてのご質問・ご相談・事前のお見積に弊社コールセンターをお役立てください。

長文、最後までお読みいただきありがとうございます。

グローバルケア  相談員一同

葬儀についてのご相談・ご依頼

「良質」で「本当の低価格」なお葬式をご提案します。
  • 対面でご相談
  • 電話でご相談
  • メールでご相談
心からのお手伝いをお約束いたします。相談実績4500件以上の専門相談員が対応致します。0120-4812-24